研究業績

国内会議 : 電子情報通信学会研究会

[1]
尾関 剛成,山本 愛理,大澤 拓門,丸山 珠美,末松 憲治,佐藤 弘康,本良 瑞樹,大宮 学,''IoT電波伝搬環境改善用ダイオード装荷メタサーフェスの解析設計,''信学技報,vol.118,no.484,WPT2018-79,pp.77-81,2019年3月. PDF
[2]
大澤 拓門,山本 愛理,丸山 珠美,大宮 学,末松 憲治,佐藤 弘康,''PSOを用いた2周波共用メタサーフェスの解析設計と試作測定,''信学技報,vol.118,no. 484,WPT2018-80,pp.83-88,2019年3月.PDF
[3]
佐藤 弘康,中道 大輔,陳 強,''カットオフ平行平板導波路を用いた高効率無線電力伝送システムの実験的評価,''信学技報,vol.118,no. 484,WPT2018-84,pp.105-108,2019年3月.PDF
[4]
今野 佳祐,陳 強,''ラミネート型二次電池への無線充電の実験的検討,'' 信学技報,vol.118,no. 484,WPT2018-92,pp.141-144,2019年3月.PDF
[5]
今野 佳祐,陳 強,"固有モード電流を用いたアレーアンテナの電流分布推定法に関する研究,'' 信学技報, vol. 118, no. 358, AP2018-150, pp.27-31, 2018年12月. PDF
[6]
P. Chen and Q. Chen, "Design and Numerical Simulation of a Near-zero Refractive-index Metamaterial Unit," IEICE Tech. Rep.,vol. 118, no. 37, AP2018-24, pp. 63-68, May, 2018. PDF
[7]
藤井 直道,佐藤 弘康,陳 強,石井 望,高橋 応明,吉田 弘,菅 良太郎,"海中無線通信用アンテナと伝搬モデルに関する研究,'' 信学技報, vol. 118, no. 5, AP2018-5, pp. 23-28, 2018年4月. PDF
[8]
袁 巧微,新関 莉理,橋本 雄大,山本 芳之,本間 尚樹,陳 強,"アンテナと180°ハイブリッド一体化にしたMIMO Full-Duplexシステムの自己干渉抑圧に関する検討," 信学技報,vol. 117, no. 436, AP2017-187, pp. 63-66, 2018年2月.
[9]
長江 眞平,鈴木 暁士,今野 佳祐,佐藤 弘康,陳 強,"八木・宇田アンテナアレーと倍電圧整流回路を用いた500MHz帯レクテナ," 信学技報, vol. 117, no. 383, WPT2017-64, pp. 47-52, 2018年1月.
[10]
浅野 翔平,今野 佳祐,陳 強,"円筒面上の近傍界測定によるアレーアンテナの電流分布推定," 信学技報, vol. 117, no. 350, AP2017-146, pp. 1-6, 2017年12月.
[11]
藤井 直道,佐藤 弘康,陳 強,石井 望,高橋 応明,吉田 弘,菅 良太郎,"海水中におけるアンテナ間の伝送効率の解析," 信学技報, vol. 117, no. 318, WPT2017-50, pp. 33-37, 2017年11月.
[12]
中道 大輔,陳 強,"オープンエンドウェーブガイドを結合器とした無線電力伝送の高効率化,'' 信学技報, vol. 117, no. 241, WPT2017-36, pp. 1-5, 2017年10月.PDF
[13]
山本 芳之,新関 莉理,橋本 雄大,本間 尚樹,袁 巧微,陳 強,"MIMO Full-Duplexシステムにおける180度ハイブリッドを用いた自己干渉抑圧法の実験的検討,'' 信学技報, vol. 117, no. 181, AP2017-82, pp. 75-80, 2017年8月.PDF
[14]
鈴木 暁士,上田 尚人,袁 巧微,陳 強,"素子損失を考慮した6.78MHz帯インピーダンス整合回路付き整流回路,'' 信学技報, vol. 117, no. 158, WPT2017-18, pp. 15-18,2017年7月.PDF
[15]
Yusuke Ozawa, Kuan-hua Chen, Kunio Sawaya, Machiko Ouchida, Masatoshi Tokieda, "Elimination of Low Sensitivity Area of a Planar Waveguide Sheet by Using Slits and Switching Diversity,'' AWAP, 2017年7月.
[16]
Toshinori Kudo, H. Sato, Q. Chen, Shingo Inoue, "Development of Multi-Band Compact Antipodal Tapered Slot Antenna for Cellular Base Stations,'' AWAP, 2017年7月.
[17]
Y. Li, H. Sato, Q. Chen, "Capsule Antenna Design Basoed on Transmission Factor in Wireless Power Transfer Applications,'' 信学技報, vol. 117, no. 85, WPT2017-14,pp. 33-37, 2017年6月.
[18]
丸山 駿,陳 強,袁 巧微,"リコンフィギュアブルアンテナを用いた近傍界無線電力伝送システムの検討,'' 信学技報, vol. 117, no. 15, WPT2017-2, pp. 5-8, 2017年4月.PDF
[19]
山本 芳之,新関 莉理,本間 尚樹,袁 巧微,陳 強,"エンドファイア配置リニアアレーアンテナと180度ハイブリッドを用いた Full-Duplexシステムにおける自己干渉抑圧法,'' 信学技報, vol. 116, no. 526, AP2016-190, pp. 69-74, 2017年3月.PDF
[20]
高橋 応明,野田 耕司,陳 強,石井 望,``海中位置推定へのアプローチ,'' 信学技報, vol. 116, no. 526, AP2016-188, pp. 59-62, 2017年3月.PDF
[21]
Y. Zhu, H. Sato, and Q. Chen, “Polarization Diversity Antenna for Body Centric Communications,” 信学技報, vol. 116, no. 454, AP2016-173, pp. 93-98, 2017年2月.PDF
[22]
S. Wu, H. Sato, Q. Chen, and L. Li, “A Design of Composite Dual-band High Gain Antenna with Fresnel Lens Inserted in EBG Surface,” 信学技報, vol. 116, no. 454, AP2016-163, pp. 39-42, 2017年2月.
[23]
堀口 和希,陳 強,“自動検針スマートメータに搭載するアンテナの研究,” 信学技報, vol. 116, no. 345, AP2016-128, pp. 29-32, 2016年12月.PDF
[24]
石井 望,高橋 応明,陳 強,“擬似スケールモデルを用いた微小ダイポールによる海水内電磁界,” 信学技報, vol. 116, no. 345, AP2016-125, pp. 11-16, 2016年12月.PDF
[25]
関口 貴志,今野 佳祐,陳 強,“平行二本線路と結合したダイポールアレーアンテナの指向性の設計,” 信学技報, vol. 116, no. 345, AP2016-123, pp. 1-6, 2016年12月.PDF
[26]
丸山 駿,陳 強(東北大),袁 巧微(仙台高専),"リコンフィギュアブルアンテナを用いた近傍界無線電力伝送システムの実験的検討" 信学技報, vol. 116, no. 321, WPT2016-41, pp. 25-29, 2016年11月.PDF
[27]
陳 強,高橋 応明,石井 望,"電波の海中応用へのアプローチ ~ 振幅減衰を利用した測位システムに向けて ~," 信学技報, vol. 116, no. 218, AP2016-92, pp. 25-28, 2016年9月.PDF
[28]
袁 巧微,鈴木 暁士(仙台高専),陳 強(東北大),"損失性インピーダンス整合回路の設計法," 信学技報, vol. 116, no. 218, AP2016-106, pp. 97-100, 2016年9月.
[29]
伊東大貴,今野佳祐,陳 強,"対数周期ダイポールアレーを用いた広帯域リフレクトアレー," 信学技報, vol. 115, no. 450,AP2015-194, pp. 21-25, 2016年2月.
[30]
佐々木 穂,本間 尚樹,今野 佳祐,陳 強,恒川 佳隆,"TCMに基づくMIMOアンテナチャネル容量のレイトレース解析," 信学技報, vol. 116, no. 142, AP2016-62, pp. 137-142, 2016年7月.
[31]
丸山 駿, 陳 強, 袁 巧微, "Efficiency Improvement of Near Field Wireless Power Transfer System by Parasitic Element Array," 信学技報, WPT2015-20, 2015年12月.
[32]
T. Hong and Q. Chen, "Ultra Wide Band Frequency Selective Absorber with Asymmetric Absorbing Performance," 信学技報, vol. 115, no. 258, AP2015-106, pp. 61-64, 2015年10月. PDF
[33]
今野 佳祐, 陳 強,"大規模な低姿勢リフレクトアレー設計法の高速化に関する一検討,"信学技報, vol. 114, no. 433, EST2014-96, pp. 87-91, 2015年1月. PDF
[34]
齋藤 公利, 本間 尚樹, 陳 強,"散乱波を用いたMIMOアンテナ複素指向性の測定,"信学技報, vol. 114, no. 354, AP2014-152, pp. 7-12, 2014年12月. PDF
[35]
今野 佳祐, 陳 強,"アレー給電による大規模な低姿勢リフレクトアレーの高利得化,"信学技報, vol. 114, no. 294, AP2014-138, pp.55-59, 2014年11月. PDF
[36]
横川 佳, 今野 佳祐, 陳 強,"対数周期ダイポールアレーの散乱特性に関する研究,"信学技報, vol. 114, no. 294, AP2014-137, pp.51-54, 2014年11月. PDF
[37]
大尻勇気, 丸山 駿, 陳 強, 袁 巧微, “無給電素子を用いた近傍界による無線電力伝送効率の改善,”信学技報, vol. 114, no. 246, WPT2014-35, pp. 1-4, 2014年10月.PDF
[38]
Zhang Jiawei, Konno Keisuke, Chen Qiang, Wang Zhiliang, "Fast MoM Analysis of Large-Scale Reflectarray by using Gauss-Seidel Scheme,"信学技報, vol. 114, no. 193, AP2014-90, pp. 101-103, 2014年8月. PDF
[39]
Vira Rahayu, Kei Yokokawa, Qiang Chen, Yono Hadi Pramono, "2D DOA Estimation Using Patch Antenna Array With USV-MUSIC," 信学技報, vol. 114, no. 193, AP2014-81, pp. 51-54, 2014年8月. PDF
[40]
齋藤 公利, 本間 尚樹, 陳 強, "負荷変調を用いたMIMOアンテナの複素指向性の推定法," 信学技報, 2014年4月. PDF
[41]
仁科 文化, 陳 強, "変調波源の波源位置推定法の数値解析," 信学技報, 2014年4月. PDF
[42]
横川 佳, 今野 佳祐, 陳 強, 亀田 卓, 末松 憲治, "対数周期ダイポールアレー素子を用いたリフレクトアレーの設計," 信学技報, vol. 113, no. 487, AP2013-185, pp. 1-5, 2014年3月. PDF
[43]
Kaizhi ZHANG, Keisuke KONNO, Qiang CHEN, Jun OUYANG, Feng YANG "Hybridization of Periodic Equivalence Principle Algorithm and Equivalence Principle Algorithm for Analysis of Large Finite Antenna Array," 信学技報, vol. 113, no. 487, AP2013-188, pp. 19-23, 2014年3月.
[44]
今野 佳祐, 陳 強, "高次のCBFMを用いた誘電体近傍アンテナの数値解析," 信学技報, vol. 113, no. 261, EST2013-77, pp. 147-152, 2013年10月. PDF
[45]
陳 強, 阿部 寛人, "[チュートリアル講演] 電気光学効果を利用した電磁界センサーにおけるアンテナの設計法," PEM研, 2013年10月. PDF
[46]
今野 佳祐, 陳 強, 澤谷 邦男, 亀田 卓, 末松 憲治, "起電力法によるリフレクトアレー設計法の一検討," 信学技報, vol.112, no.491, AP2012-164, pp.1-5, 2013年3月. PDF
[47]
勝田 肇, 今野 佳祐, 陳 強, 澤谷 邦男, 横川 佳, 袁 巧微, 瀬在 俊浩, "GPUによる共役勾配法の高速化に関する一検討," 信学技報, vol.112, no.216, AP2012-86, pp.25-29, 2012年9月.PDF
[48]
Hiroyasu Sato, Kunio Sawaya, Koji Mizuno, Masamune Takeda, Keiichi Morichika, "Passive Millimeter-wave Imaging Device for Security Applications," 信学技報, vol.112, no.216, AP2012-87, pp. 31-36, 2012年9月 (チュートリアル講演).
[49]
陳 強, 清野 慎介, 澤谷 邦男, 田中 健, "移動通信基地局用多周波共用アレーアンテナ素子の検討,"信学技報, vol.112, no.149, AP2012-44, pp.81-84, 2012年7月. PDF
[50]
勝田 肇, 今野 佳祐, 陳 強, 澤谷 邦男(東北大学), 横川 佳, 袁 巧微(仙台高専), "GPUによるモーメント法の高速化," 信学技報, vol. 112, no. 79, AP2012-28, pp. 25-30, June 2012.PDF
[51]
Jianfeng Li, Qiang Chen, Kunio Sawaya, Qiaowei Yuan, "Dual-Antenna System Using Series-fed Microstrip Antenna and Planar Yagi-Uda Antenna," 信学技報, vol.112, no.7, AP2012-2, pp.7-10, 2012年4月. PDF
[52]
横川 佳, 齋藤 優輝, 袁 巧微, 瀬在 俊浩, 勝田 肇, 今野 佳祐, 陳 強, 澤谷 邦男, "GPUによるモーメント法の高速化に関する研究," 信学技報, vol.112, no.7, AP2012-6, pp.27-32, 2012年4月. PDF
[53]
栗山 弘平, 佐藤 弘康, 澤谷 邦男(東北大),“冷却管とパラボラ反射鏡によるミリ波パッシブイメージングの物体検知特性の改善,”信学技報, vol. 111, no. 429, AP2011-198, pp. 123-128, February 2012.PDF
[54]
今野 佳祐, 陳 強, 澤谷 邦男, 瀬在 俊浩, “電力伝送用超大規模アレーアンテナにおけるランダムに分布した破損素子の影響,” 無線電力伝送時限研究専門委員会研究会, WPT2011-04, pp.17-21, July 2011, 東京.PDF
[55]
陳 強, 王 琳(東北大), 屈 世偉(電子科技大), 袁 巧微(仙台高専), 澤谷邦男(東北大),“パッシブレピーターを用いた無線通信の伝搬実験,”信学技報, vol. 111, no. 288, AP2011-104, pp. 85-89, 2011年11月.PDF
[56]
袁 巧微(仙台高専), 陳 強, 澤谷邦男(東北大),“Sパラメータによる無線電力伝送システム伝送効率の解析,”
[57]
陳 強, 小澤和紘, 清野慎介(東北大), 袁 巧微(仙台高専), 澤谷邦男(東北大),“アンテナのインピーダンス整合の視点から見た共鳴方式の無線電力伝送,”信学技報, vol. 111, no. 231, AP2011-82, pp. 31-35, 2011年10月.PDF
[58]
陳 強(東北大),“変調散乱法による電波の測定とマルチアンテナの構成技術,”信学技報, vol. 111, no. 172, AP2011-57, pp. 49-52, 2011年8月.PDF
[59]
栗山弘平(東北大), 中田 淳(中央電子), 佐藤弘康, 澤谷邦男(東北大),“蛍光管パラボラアンテナを利用したミリ波パッシブイメージングにおける物体検知特性の改善,”信学技報, vol. 111, no. 172, AP2011-52, pp. 19-24, 2011年8月.PDF
[60]
陳 強, 小澤和紘(東北大), 袁 巧微(仙台高専), 澤谷邦男(東北大) ,“近傍界結合による無線電力伝送のアンテナ設計法についての検討,”信学技報, vol. 111, no. 29, AP2011-9, pp. 21-26, 2011年5月.PDF
[61]
今野佳祐, 陳 強, 澤谷邦男(東北大), 瀬在俊浩(JAXA),“CBFMを用いたモーメント法に関する検討,”信学技報, vol. 111, no. 29, AP2011-5, pp. 1-6, 2011年5月.PDF
[62]
滝本未来, 中田淳, 佐藤弘康, 澤谷邦男,“77 GHz帯ミリ波パッシブイメージング用フレネルレンズの設計,”信学技報, vol. 110, no. 410, AP2010-172, pp. 69-74, 2011年2月.PDF
[63]
武田 優,五十嵐一浩,陳 強,澤谷邦男,佐藤智之(八木アンテナ) ,“屋内における地上ディジタルテレビジョン放送波の測定,”信学技報, vol. 110, no. 410, AP2010-168, pp. 43-47, 2011年2月.PDF
[64]
滝本未来, 中田淳, 山田康太, 佐藤弘康, 澤谷邦男,“77GHz帯近距離パッシブイメージング用小型レンズアンテナの特性,”信学技報, vol. 110, no. 135, AP2010-46, pp. 47-51, 2010年7月.PDF
[65]
甄 源, チャカロタイジェドヴィスノプ, 陳 強, 澤谷邦男,“改良SPM法を用いた波源の電流振幅分布の推定,”信学技法(EMC), vol. 110, no. 125, pp. 27-31, 2010年07月PDF
[66]
Keisuke KONNO, Qiang CHEN, and Kunio SAWAYA,“Numerical Evaluation for Computational Cost of CG-FMM on Typical Wiregrid Models,”信学技報, vol. 110, no. 23, AP2010-16, pp. 21-26, 2010年5月.PDF
[67]
Lin Wang, Qiang Chen, Qiaowei Yuan and Kunio Sawaya,“MIMO Performance of Modulated Scattering Antenna Array in Indoor Environment,”信学技報, vol. 110, no. 23, AP2010-16, pp. 21-26, 2010年5月.PDF
[68]
工藤健裕, 佐藤弘康, 澤谷邦男,“90°Hybrid付APFAを用いた自己相関イメージングレーダ,”信学技報, vol. 109, no. 417, AP2009-198, pp. 83-88, 2010年2月.
[69]
今野佳祐, 陳強, 澤谷邦男,“CG-FMMによる板状アンテナの解析,” 信学技報, vol. 109, no. 339, AP2009-145, pp. 19-24, 2009年12月.PDF
[70]
チャカロタイ ジェドヴィスノプ, 井上智博, 甄源, 陳強, 澤谷邦男,“改良SPM法による複数コヒーレント波源上の電流分布推定,” 信学技報, ACT2009-10, pp. 1-8, 2009年11月.PDF
[71]
袁 巧微, 陳 強, 岩木 孝憲, 小澤 和紘, 澤谷 邦男,“Efficiency Improvement of Wireless Power Transfer System Using Resonant Near-Field Coupling,” 信学技報, vol. 109, no. 183, AP2009-87, pp. 47-52, 2009年9月.
[72]
工藤 健裕, 佐藤 弘康, 澤谷 邦男,“送受APFAアレーを用いた自己相関イメージングレーダ,” 信学技報, vol. 109, no. 117, AP2009-77, pp. 195-200, 2009年7月.
[73]
陳 強, Lin Wang, Qiaowei Yuan, 澤谷 邦男,“Performance Evaluation of Modulated Scattering Antenna Array,” 信学技報, vol. 109, no. 117, AP2009-63, pp. 113-116, 2009年7月.
[74]
今野 佳祐, 陳 強, 澤谷 邦男, 瀬在 俊浩,“インピーダンス拡張法を用いたSSPS用超大規模周期的アレーアンテナの解析,” 信学技報, vol. 109, no. 117, AP2009-51, pp. 41-46, 2009年7月.PDF
[75]
陳 強, 何 芒, 袁 巧微, 澤谷 邦男,“マイクロストリップアンテナのモーメント法解析,” 信学技報, vol. 109, no. 35, AP2009-19, pp. 47-51, 2009年5月.
[76]
今野 佳祐, 陳 強, 澤谷 邦男,“CG-FMMによるアンテナ数値解析の一検討,” 信学技報, vol. 109, no. 35, AP2009-11, pp. 1-6, 2009年5月.PDF
[77]
水上 透, 陳 強, 澤谷 邦男,“A Measurement Method Using a Modulated Probe Array for Phase of Electromagnetic Field,” 信学技報, vol. 108, no. 475, AP2008-230, pp. 95-98, 2009年3月.PDF
[78]
石原 昌, 佐藤 弘康, 澤谷 邦男,“自己相関関数応答と送受APFAアレーのスイッチングを用いたマイクロ波イメージングの高速化,” 信学技報, vol. 108, no. 429, AP2008-195, pp. 37-42, 2009年2月.PDF
[79]
井上 大聡, 佐藤 弘康, 澤谷 邦男, 水野 皓司,“ミリ波イメージング用小形誘電体レンズアンテナの設計,” 信学技報, vol. 108, no. 304, AP2008-131, pp. 115-120, 2008年11月.PDF
[80]
柿沼 悠, 岩木 孝憲, 陳 強, 澤谷 邦男,“アレー素子の利得不平衡によるMIMO伝送特性の実験的検討,” 信学技報, vol. 108, no. 304, AP2008-123, pp. 67-71, 2008年11月.PDF
[81]
佐藤 優, 廣瀬 達哉, 多木 俊裕, 高橋 剛, 牧山 剛三, 原 直紀, 佐藤 弘康, 澤谷 邦男, 水野 皓司,“94GHz帯パッシブセンサ用InP-HEMT MMICの開発,” 信学技報, vol. 108, no. 257, MW2008-116, pp. 77-80, 2008年10月.
[82]
井上 智博, 陳 強, 澤谷 邦男,“近傍電磁界を用いた波源位置推定の誤差評価,” 信学技報, vol. 108, no. 241, AP2008-104, pp. 55-59, 2008年10月.PDF
[83]
井上 真豪, 陳 強, 澤谷 邦男, 坂内 功治,“地上ディジタルテレビ放送波の屋内伝搬環境の数値解析,” 信学技報, vol. 108, no. 241, AP2008-94, pp. 1-5, 2008年10月.PDF
[84]
水上 透, 陳 強, 澤谷 邦男,“変調プローブアレーを用いた電磁界の位相の測定法,” 信学技報, XXX2008-XXX, 2008年9月.PDF
[85]
袁 巧微, 陳 強, 澤谷 邦男,“人体の影響を考慮したエバネセント電磁界共振により無線電力伝送システムの伝送効率,” 信学技報, vol. 108, no. 201, AP2008-91, pp. 95-100, 2008年9月.
[86]
チャカロタイ ジェドヴィスノプ, 陳 強, 澤谷 邦男,“CIP-FDTDハイブリッド法の分散性による数値誤差についての検討,” 信学技報, vol. 108, no. 201, AP2008-89, pp. 85-90, 2008年9月.PDF
[87]
齋藤 一樹, 陳 強, 澤谷 邦男,“アンテナ選択ダイバーシティを用いた屋内MIMO-SDM伝送の数値解析,” 信学技報, vol. 108, no. 148, AP2008-74, pp. 213-217, 2008年7月.PDF
[88]
今野 佳祐, 陳 強, 澤谷 邦男, 瀬在 俊浩,“インピーダンス拡張法による超大規模周期的アレーアンテナの解析,” 信学技報, vol. 108, no. 148, AP2008-70, pp. 189-194, 2008年7月.PDF
[89]
王 琳, 陳 強, 袁 巧微, 澤谷 邦男,“Experimental Study on MIMO Performance of Modulated Scattering Array Antenna in Indoor Environment,” 信学技報, vol. 108, no. 148, AP2008-60, pp. 135-138, 2008年7月. PDF
[90]
李 龍, 陳 強, 袁 巧微, 澤谷 邦男,“Simultaneous Switching Noise Suppression in High-Speed Digital System Using Wideband Electromagnetic Bandgap Structure,” 信学技報, vol. 108, no. 148, AP2008-57, pp. 119-122, 2008年7月.
[91]
串崎 栄紀, チャカロタイ ジェドヴィサノプ, 陳 強, 澤谷 邦男, 鈴木 誠,“円筒キャビティを用いた液体の誘電率測定法に関する研究,” 信学技報, vol. 108, no. 132, EMCJ2008-37, pp. 67-70, 2008年7月.PDF
[92]
酒井 文則, 鈴木 洋介, 佐藤 弘康, 澤谷 邦男, 水野 皓司,“送受アンテナを同軸上に配置した高分解能ミリ波イメージングレーダ,” 信学技報, vol. 108, no. 90, AP2008-34, pp. 29-34, 2008年6月.
[93]
村上 仁康, 佐藤 弘康, 澤谷 邦男, 水野 皓司,“対せき形フェルミアンテナアレーの基礎特性,” 信学技報, vol. 107, no. 479, AP2007-165, pp. 11-16, 2008年2月.PDF
[94]
袁 巧微, 宇野 亨, 有馬 卓司, 陳 強, 澤谷 邦夫,“Radiation Efficiency of Lossy Planar Dipole Antenna,” 信学技報, vol. 107, no. 431, AP2007-152, pp. 173-178, 2008年1月.
[95]
井上 大聡, 佐藤 弘康, 澤谷 邦男, 水野 皓司,“ミリ波パッシブイメージング用誘電体レンズの2次元FDTD解析,” 信学技報, vol. 107, no. 431, AP2007-142, pp. 117-122, 2008年1月.PDF
[96]
今野 佳祐, ザイ フイチン, 陳 強, 澤谷 邦男,“高速多重極法を用いたアンテナの電磁界数値解析の検討,” 信学技報, vol. 107, no. 431, AP2007-141, pp. 111-116, 2008年1月.PDF
[97]
中津 大輔, 陳 強, 澤谷 邦男,“マルチパス環境における電波放射源の位置推定に関する研究,” 信学技報, vol. 107, no. 431, AP2007-137, pp. 87-91, 2008年1月.PDF
[98]
Huiqing Zhai, Qiaowei Yuan, Qiang Chen, Kunio Sawaya,“Single Integral Expressions of Self/Mutual Impedance of Volume Sinusoidal Monopoles with Consideration of Endpoint Charges,” 信学技報, vol. 107, no. 431, AP2007-156, pp. 197-202, 2008年1月.
[99]
陳 強, 水上 透, 澤谷 邦男, 羽部 友浩, 蓮見 亮一,“変調プローブアレーを用いたアンテナ放射効率の高速測定法,” 信学技報, vol. 107, no. 144,AP2007-60, pp. 107-110, 2007年7月.
[100]
Huiqing Zhai, Qiaowei Yuan, Qiang Chen, Kunio Sawaya,“Analysis of Dielectric Body by Using Volume Integral Equation Combined with Multi-region Iterative Method,” 信学技報, vol. 107, no. 144, AP2007-53, pp. 65-70, 2007年7月.
[101]
小野康博, 佐藤弘康, 澤谷邦男, "広帯域対せき形フェルミアンテナを用いた散乱導体のリアルタイム位置推定," 信学技報, vol. 107, no. 144, AP2007-52, pp. 59-64, 2007年7月.
[102]
袁 巧微, 陳 強, 澤谷 邦男,“MUSIC-based DOA Estimation by Using Different Steering Vectors,” 信学技報, vol. 106, no. 561, AP2006-156, pp. 57-60, 2007年3月.
[103]
佐藤 弘康, 澤谷 邦男,“A method for real-time active imaging using broadband ACP response,” 信学技報, vol. 106, no. 561, AP2006-157, pp. 61-64, 2007年3月.
[104]
中西 研二, 佐藤 弘康, 澤谷 邦男,“広帯域対せき形フェルミアンテナを用いた散乱導体の位置推定,” 信学技報, vol. 106, no. 491, AP2006-110, pp. 1-6, 2007年1月.PDF
[105]
Huiqing Zhai, 袁 巧微, 陳 強, 澤谷 邦男,“Analytical Expressions of Self/Mutual Impedance between Volume Sinusoidal Monopoles,” 信学技報, vol. 106, no. 491, AP2006-119, pp. 55-60, 2007年1月.
[106]
袁 巧微, 陳 強, 澤谷 邦男,“Experimental Study on MUSIC-Based DOA Estimation Considering Mutual Coupling and RF Channel Gain/Phase Errors,” 信学技報, vol. 106, no. 433, EMCJ2006-95, pp. 81-86, 2006年12月.
[107]
村上 仁康, 佐藤 弘康, 澤谷 邦男,“プリントダイポールアレー付EBG共振器アンテナの設計,” 信学技報, vol. 106, no. 140, AP2006-45, pp. 37-42, 2006年7月.
[108]
岩木 孝憲, 陳 強, 澤谷 邦男,“Ray Launching法によるMIMO伝送路の解析精度の検討,” 信学技報, vol. 106, no. 140, AP2006-56, pp. 103-107, 2006年7月.
[109]
梶山 博史, 陳 強, 澤谷 邦男,“高周波変調ワイヤレスプローブを用いた近傍電磁界の測定,” 信学技報, vol. 106, no. 13, AP2006-1, pp. 1-4, 2006年4月.
[110]
ザイ フイチン, 陳 強, 袁 巧微, 澤谷 邦男,“Analysis of Large-scale Periodic Array Antennas by CG-FFT Combined with Equivalent Sub-array Preconditioner,” 信学技報, vol. 106, no. 13, AP2006-2, pp. 5-10, 2006年4月.
[111]
楊 小鵬, 陳 強, 澤谷 邦男,“Numerical Investigation of Indoor MIMO Channel Capacity,” 信学技報, vol. 106, no. 13, AP2006-4, pp. 17-20, 2006年4月.
[112]
Amin Saeedfar, Hiroyasu Sato, Kunio Sawaya,“Near Field Polynomial Expansion for Analysis of Electromagnetic Wave Scattering by Three-Dimensional Dielectric Bodies Using Mixed-Domain MoM,” 信学技報, vol. 105, no. 561, AP2005-145, pp. 65-68, 2006年1月.
[113]
中西 研二, 佐藤 弘康, 澤谷 邦男,“広帯域APFAを用いた円形走査時間領域アクティブイメージングの実験的検討,” 信学技報, vol. 105, no. 561, AP2005-158, pp. 117-120, 2006年1月.PDF
[114]
陳強, 水上透, 澤谷邦男, 渡辺育夫, 羽部友浩,“変調プローブアレーを用いたリアルタイム電磁界測定システム,” 信学技報, 105, no. 454, pp. pp. 55-58, 2005年12月.
[115]
楊 小鵬, 陳 強, 澤谷 邦男,“MoMとFDTDハイブリッド法を用いた壁による屋内MIMOチャネル容量の推定,” 信学技報, vol. 105, no. 355, AP2005-89, pp. 35-40, 2005年10月.
[116]
袁 巧微, 陳 強, 澤谷 邦男, 工藤 栄亮, 安達 文幸,“アダプティブ4素子アンテナアレーを搭載したWーCDMA受信装置,” 信学技報, vol. 105, no. 355, AP2005-99, pp. 89-94, 2005年10月.
[117]
佐藤 弘康, 高木 由紀子, 我妻 嘉彦, 水野 皓司, 澤谷 邦男,“広帯域対せき形フェルミアンテナを用いた時間領域アクティブイメージング,” 信学技報, vol. 105, no. 188, AP2005-40, pp. 21-26, 2005年7月.
[118]
水上 透, 陳 強, 澤谷 邦男, 光武 義雄, 平田 勝弘,“住宅内におけるUHF帯電波伝搬の数値シミュレーション,” 信学技報, vol. 105, no. 81, EMCJ2005-13, pp. 19-22, 2005年5月.
[119]
高須 一博, 寺本 学, 陳 強, 澤谷 邦男, 近傍界測定によるプリント基板上の電流分布の推定,” 信学技報, vol. 105, no. 31, EMCJ2005-7, pp. 35-40, 2005年4月.
[120]
袁 巧微, 陳 強, 澤谷 邦男,“Compensation of Mutual Coupling for DOA Estimation Using Array Antenna with Arbitrary Geometry,” 信学技報, vol. 104, no. 677, AP2004-330, pp. 163-168, 2005年3月.

ページの上へ